[178冊目]投資株の銘柄選びの方法におすすめ本 最強のファンダメンタル株式投資法

178. 最強のファンダメンタル株式投資法

運や勘に頼らない銘柄選びの解説本

またまたいい本に巡り会えました。期待せずに手にとったものの、大当たりでした。『運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法』。本屋の株コーナーは大体、チャートの読み方、1億円の作り方!、5年後にこうなる!的な本ばっかりです。そんなもん、日日いろんな要因が絡まり合う投資世界の中で、何の役にも立つかい!と思ってる僕ですが、この本については珍しく「おっ」と思わせられました。

<<下に続く>>

スポンサーリンク

僕自身、メルカリはじめ、いくつかの株投資をしています。四季報や日々舞い込んでくるIRニュースも、もちろんチェックします。ただ残念ながら、僕自身が得たソースから自分なりの見立てを論理的に推論する力が弱く、どうしても”勘”に依存してしまうという課題を自覚していました。この本がその辺の知識欲をようやく満たしてくれました。

「数字は嘘をつかない」というベースのもと、目標株価の設定の仕方や、「配当面」「資産面」「成長面」での企業価値の見方、今後の推理の仕方をロジカルに解説してくれています。この本の気に入ってるところは、「株世界に絶対などは無く、どの考え方も投資成功率を上げるための引き出しの一つにすぎない」と何度も忠告していることです。僕自身、筆者のその姿勢は全く同感で、変に「絶対儲かる」とか言われるよりよっぽど説得力があります。株投資における銘柄選びの基本的な知識はこの本一冊読めば十分学べますので、初心者にも中級者にもおすすめです。僕自身、学べる内容が多すぎて、一読では全部吸収しきれませんでした。しばらく持ち歩いて、何度も読み返して、全部血肉にしたいと思います。タイトル通り、運、タイミング、テクニックに頼らずに投資先を選定するスキル本として是非。極めてタナボタ的な良書でした。これだから読書はやめれませんね。

運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク