[177冊目]キャッシュレス時代の金融未来予測。仮想通貨も。

177. アマゾン銀行が誕生する日

2025年の金融情勢とそこに向けた銀行&実企業の取り組みの紹介

これ、面白かったです。『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』。最近仮想通貨を勉強し始めてから、自分の興味がブロックチェーンに行って、さらにこれからの銀行とか金融に興味が出始めた中で、この本は、今の僕にどビンゴの内容でした。かつて街の到るところに公衆電話や電話BOXがありましたが、今はもうほとんどないですよね?これから5〜6年したら、もうATMとかもほとんど無くなってるかもしれません。10年後には、「昔は銀行にお金をおろしに行ってたんだよ」とかいうと、笑われる時代が来るのかもしれません。きっとくるでしょうね。

<<下に続く>>

スポンサーリンク

なんで最近、金融なのか?というと、ここ最近特に、銀行からお金をおろすことが極端に減ったなと思いまして。近頃は大概のことはamazonかapple payのIDで事足りますし、送金関係もほとんどスマホでできますもんね。ってことはいわゆるキャッシュレスの時代って、本当にもうすぐ来るんだろうなって予想してます。最近はLINEペイ、メルペイ、ペイペイなどなど猫も杓子もペイペイうるさいですが(笑)、それはある程度集約されていって、実用化されていくんでしょうね。となると、当然実店舗としての銀行のニーズは下がっていくでしょうし、ATMも減っていくでしょう。あとキャッシュレスが進むと、円だ、ドルだ、ユーロだ、元だってのも徐々に、無意味になっていく気もするんですよね。まぁ国家通貨がなくなるのは、抵抗勢力もあるでしょうからかなり先でしょうが、5〜10年後の金融・決済の未来が覗いた様で面白い本でした。具体的企業としてアマゾン、アリババ、テンセント、国内でも楽天、LINE、ソフトバンク&Yahoo、SBIなどの金融未来の取り組みが紹介されてますので、ビジネス書としてもOK!一度読まれてみてはいかがでしょうか?

アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク