[148冊目]坂木司のデパ地下ミステリーと[147冊目]カリスマ書店員新井見枝香のおすすめ本

148. 和菓子のアン

大切な人に和菓子を買って帰りたくなる

和菓子のアン』は2010年に発売された坂木司のデパ地下物語。和菓子店「みつ屋」を舞台にしたライトミステリー小説です。

主人公梅本杏子(通称:アンちゃん)は高校卒業と同時にデパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めます。

仕事を覚えていく中で、和菓子にはそれぞれに秘められた物語があることを知ります。

あのお客様はどういった気持ちでこの和菓子を?

個性的な同僚達と共に、それぞれの和菓子に秘められた物語から日常のささやかな謎を解き明かしていきます。

主人公の心理描写が絶妙で、一気に読めてしまいます。

とにかくアンちゃんのキャラクターが秀逸。

ホッペが柔らかく、ややぽっちゃりらしいので日テレの水卜アナみたいなイメージでしょうか?

ミステリーというよりはデパ地下店員物語といった感じです。

読了後、きっと多くの人が大切な人に和菓子を買って帰りたくなると思います。

おすすめです。

147. 本屋の新井

かの有名な新井賞の唯一の選考委員

本屋の新井』は2018年に発売された三省堂書店の現役書店員、新井見枝香氏のコラム集です。

2018年末に著者の新井さんは『ゴロウ・デラックス』でも取り上げられてましたね。

書店員としてのこだわり、面白い小説を届けたいこと、POPへの想い、書店の裏話などを、肩の力が抜けた文章でクールかつ愛情たっぷりに綴っています。

「はじめに」(要約)

『書店で本が売れない時代になったけど、コラムを書くことでその状況を変えたいとは微塵も思わない。

もし書店が淘汰されちゃったら、まぁちょっと面倒くさいけど別の仕事を探すまで。

この本に苦境に立たされつつも本を愛する健気な書店員を期待してるなら、それは人違い。

極限までハードルを下げて、期待を捨てて、「なんかちがう」と感じながら読んでくれたらそれでいい。

それが一番楽しめる。私はいつもそうしている』

この本のテイストは終始こんな感じです。

媚びてないのが気持ちいいですし、結局読み終わると書店と本に愛情たっぷりなのもよくわかるのですが。

もちろん紹介する本もハズレ無しです。

さすがかの有名な新井賞の唯一の選考委員

人に勧めたくなる本でした。ぜひ。

あぁ書店員さんと知り合いになって、色々語りたい・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク