つみたてNISAを始めたら株が大暴落した話

2018年12月から「つみたてNISA」を始めようと思い大急ぎで楽天証券にてNISA口座を解説しました。

その時の動きはコチラ

【つみたてNISA】楽天証券での始め方を解説!スケジュールと年末の注意点も

そして最初に私が投資銘柄に選んだのは

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

です。

選定基準は外国株式(日本を含まない)を対象としていること、信託報酬が低い、純資産の規模が大きい、過去のパフォーマンスといったところです。

大急ぎでつみたて投資信託を買うことになった理由

ここで一つ、気にしないといけないことがありました。

「つみたてNISA」は年間投資40万円までという上限があります(受取日ベース)。そして年間の最終月は12月です。

つまり12月から「つみたてNISA」を始めた私は、2018年の年間投資枠をフルに利用しようと思ったら12月中に40万円分を投資し、かつその投資商品を受け取らなければならないのです。

仮に12月26日に注文しても、受取日が来年になりますので、それでは2018年投資枠には算入してもらえず、2019年の投資枠の利用になっちゃうんですね。

じゃあ2019年から始めればいいじゃないか?とご指摘がありそうです。

しかし「つみたてNISA」には

①非課税期間は最長20年

②投資期間は2018年から2037年まで

といったルールもあります。

2037年までしか「つみたてNISA」で利用できないとなると非課税の恩恵を受けれるのが1年減ってしまうんですね。

「つみたてNISA」は投資者に恩恵たっぷりの制度ですが、どうせならその恩恵を尻尾まで頂きたいって考えるのが人間ってもんじゃないですか。

20年まるまるつみたてNISAを活用したい食いしん坊な私は、どうしても2018年分の投資枠40万円を使いたきりたく、急ぎ行動しなければならなかったのです。

(もっと早くから勉強してろよ)

投資信託を買い始めた直後に・・・

私のつみたてNISAの口座開設は12月13日ですが<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは海外株式のファンドの為、受取日を勘案すると2018年12月17日から2018年12月20日までの4日間設定分までしか2018年分にカウントされないことがわかりました。

もちろん大急ぎで設定しました。4日間で10万円ずつ投資する設定です。

ふぅ、これで一安心です。

実際問題4日間毎日積み立てたところであんまり分散投資の効果もなく、むしろほぼ一括買いみたいなもんでしょう。

それでも2018年枠を使い切れることがわかった私はほっと胸をなで下ろしたのでした。

しかも相場は下落基調。

今買うと、ちょっと下がったところで買えるからお得やん♪」ってニンマリすらしてました。

私の実際の購入実績はこちら

2018年12月17日購入 基準価格 14,273円(2018年12月18日の基準価額)前日比▲2.2%

2018年12月18日購入 基準価格 14,212円(2018年12月19日の基準価額)前日比▲0.4%

2018年12月19日購入 基準価格 14,081円(2018年12月20日の基準価額)前日比▲0.9%

平均購入価額:14,188円

ちなみに2営業日たった2018年12月25日 只今の価格:

13,091円▲7.7%

・・・

なんでやねん!(涙)

実は急遽4回目の購入分を楽天・全米株式インデックスファンドに変更しまして、

まさに変更した2018年12月24日のクリスマスイブに

ダウ平均株価▲653円(▲2.9%)の大暴落が起きてしまったのです(涙)

リーマンショック以来とか。

25日の日経平均は1,000円超下がってました。

スポンサーリンク

っとはいえ、投資は心を落ち着かせて

まぁ実際にはそんなにムキーともなってないんですけどね。

4日目に購入予定だった10万円の殆どは暴落後の楽天・全米株式インデックスファンドを買うことが出来ましたので良しとしてます。

相場的には調整局面に入って、しばらく乱高下か下げ相場が続くかもしれませんがあまり日々の上げ下げにとらわれず2019年からは当初の方針通り、コツコツ機械的につみたてて行きたいと思います。

ただ<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの方はしばらく塩漬けかなぁ。。

ちなみに4日目に急遽変更した理由は、全世界といっても60%がアメリカ株だったので、

それだったもうアメリカでいいじゃんっ!長く投資するんだから早めに軌道修正しよっ

となっただけことでした。

(だからもっと早くから勉強しとけよ)

みなさん、投資は落ち着いてやりましょう。

その後(2019年3月19日追記)

さてその後ですが、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの方が大分持ち直してきました。

本日の基準価額が15,741円(3/18)ですので、現時点で10.9%増となっております。まだまだこれからどうなるかわかりませんが、狼狽売りしなくてよかった(^^)

暴落時は買いのチャンス、決して売ってはいけない。

暴騰時は売りのチャンス、決して買ってはいけない

これ心に留めておきます。

あと2019年に入ってからは、楽天・全米株式インデックスファンドeMAXISSlim米国株式(S&P500)を同じくらいの割合で毎月積み立ててます。まだどっちにするか決めかねてますが、別やってるiDeCoの方が楽天なので、つみたてNISAはeMAXISlimで行こうかなと思い始めてます。まぁどっちも米国株なんでパフォーマンスは似たり寄ったりなんですけどね。

まだ3ヶ月程度ですが、今の所、どちらもプラスのパフォなので順調です。

あとはメルカリをどこで買い足そうかなぁ。。。

「つみたてNISA」についてもっと勉強したいと思った方はこちら→「つみたてNISA」はこの7本を買いなさい

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク